読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログCPU:5108843109

ゲームと音楽とプログラミング(酒と女とロックンロールのノリで)

ポケモンピクロス #1:ポケモンピクロスやってみました(レビュー前編)

ポケモンピクロス 進捗報告

www.pokemon.co.jp

これです!
気付いたら3DSに配信されてたのでうっかり開封。


まずちょろっと触ってみたところ、UIはクラブニンテンドーでポイント交換できたピクロスとほぼ同じ。
↑ボタンを押しながら塗り、↓ボタンを押しながら×つけて…と、ストレスなく遊べます。

ただこれ、クラニンピクロスとは違ってスタミナ制。1マス塗るたびにゲージを消費していきます。
このゲージの回復(※)、ゲージの最大値上昇、新しい問題の開放…などに使えるアイテムがあり、
これは問題クリアで貰うか、もしくは購入することになります。

※…時間経過でも回復します

問題をクリアして貰える量はごくわずか。ちょっと節約しても、あっという間に足りなくなります。
基本無料のアイテム課金制かよ…とちょっとげんなりしましたが、
しかし結論から言うと、普通にがっつり遊びたいなら、さっさと購入した方が良いです。

というのも、スマホゲーでよくある課金とは違って上限個数が設定されており、
上限まで購入した場合、それ以降はアイテムを好きなだけ貰えるのです。
買い方にもよりますが、だいたい3000円前後が上限になります。

要するに、アイテム課金制というよりも、「無料で遊べるのは体験版状態、アイテム購入すると製品版になる」くらいの感覚です。
一般のゲームソフト1本分より安いですし、ちょっと遊んでみて気に入ったら、ソフト購入するつもりでさっさと上限まで買ってしまうのが良いと思います。


収録問題数はかなり多い上に、普通のピクロスとちょっとルールの違う「アナザーモード」もあり、やりごたえは抜群です。
ピクロス好きには是非お勧めしたいところ。

問題サイズは10×10、15×15、20×15があります。
もっと大型の問題も欲しいところですが、UIを考えると難しいんでしょうね…。


完全クリアしたらまたレビュー後編書きます。