読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログCPU:5108843109

ゲームと音楽とプログラミング(酒と女とロックンロールのノリで)

終わりの始まり

ある日突然社長から全社員に対して「会社の経営状況が悪化している。近日個人面談を行う」と告知。

前から宜しくはなかったのは知ってたけど、わざわざ明言しなければならなくなったというのはおそらく相当ヤバい状況になったんだと思う。
とはいえ別にみんな驚きもしてなかった。「ついにwwwきたかwww」て感じですらあったかもしれない。


上層部と各部署リーダーの打ち合わせでは
「個人面談で一部社員に対しては解雇、その他社員には給与一律引き下げの告知を行う。面談まではそのことは口外禁止」
という話になっていたらしいのですが、
各部署リーダーたちの独断で「それはあまりにも卑怯、こっそりみんなに伝えておこう」ということになったらしく、我々も事前にある程度知ることに。
そういう判断しちゃうリーダーたちマジかっこいい。
財政悪化からの個人面談という時点でリストラは察してましたけど、まさか給与引き下げまであるとは。

リーダー「…ということを個人面談で言われると思う」
全員「( ゚д゚)…」
リーダー「給料2割減らされるなら辞めるって人挙手」
全員「( ゚д゚)…」
リーダー「じゃあ悩むなーって人挙手」
ぼく「( ゚ω゚)ノ ハイッ」
全員「( ゚д゚)!」

いや悩むよ。
給料減らすよと言われたらいくらなんでも悩むよ。
会社に残りますとは断言しがたいよ。

ざっと計算すると、15%以上減ると入社時の給与を下回ることになりますし。
趣味を仕事にしたクチではありますが、趣味で仕事やってるわけではないですし。

つーか社長自ら経営状況の悪化を明言する時点で「あ、とりあえず脱出経路だけ確保しとこ」と思いはしましたしね。


まあそんなこんなで面談を迎えたんですが、
状況の説明を受けたのち(リストラされる大まかな人数とか、給与の引き下げ額とか)質問ありますかと言われたので
「現在赤字のプロジェクトをどうする予定ですか」と聞いたんですよ。
答えは「人員削減して、あとは場合によっては他社への売却」。
…うーん…
人件費を払うのが難しくなってきているというレベルである現状からすると、それじゃあジリ貧というか、立て直せるという域に至らないのでは…??と感じる微妙な返答。
できるできないは仮に置いとくとしても、利益を上げるのに全力を尽くす方向の回答を聞きたかった。
もしくは、削るなら削るでもっと極限まで、利益が上がってるプロジェクトを上位からいくつか残すだけにして、最低限の運用人数だけ確保するとか。
(その場合はおそらくわたしもクビだが、まあそれはそれで)
もうちょっと直球で「どうやって立て直すおつもりですか」と聞けばよかったかな。

「じゃあ辞めたいです」とその場で言うほどではなかったけど(給与も一応入社時よりマシなレベルに落ち着いた)
「あ、これは沈む船だな、よほど奇跡的な回復をしない限りおそらく半年以内に辞めるな」と感じる面談でした。
話を聞いた感じでは、人件費を削減&各プロジェクトを縮小稼働し、落ちついたら売上を上げる方向に持って行こう、くらいの計画なのかなと思いますが、それだとたぶん回復よりも会社がつぶれる方が早い。
(わたしが開発担当したプロジェクトのうち特に人件費が大きかったやつも縮小稼働になりますが、来年2月から順次縮小とか悠長なこと言ってる時点でアレ)
この状況になったということはギリギリまで銀行などから借金してるんじゃないかなと思いますが、そうだとしたら借金も返していかなきゃいけないし。

今回リストラされなかった人たちの中にも転職を考えてる人はそこそこいるかもしれないし、退職者が続出して崩壊…というオチになる気がする。
崩壊寸前に脱出できたらベストかな。